•  

ふるさとで はたらく ということ

ふるさとはこの先どんなに介護を取り巻く環境が変わっても

「ふれあいとぬくもりのある介護」を貫き通します

 

ふるさとが目指すものは「ドアを開けた瞬間 ご利用者さまの生活の匂いがする大きな家」

 

家族って何ですか?

どんなに嫌なことがあっても どんなに気に入らないことがあっても 心の中では深い絆でつながっていて

許しあい 支えあい 助け合って生きていける仲間のことだと考えます

「ふるさと」という ひとつの大きな家で

「ふるさとにしかできない介護」を

「ふるさとだからできる介護」をどこまでも追い求めていきます

「すべては 利用者さまと家族さまのために」

厳しくて 難しい毎日だからこそ その喜びも大きいのです

「ふるさと」が求めている人材は「できる人」ではありません

日々の仕事から学び「一緒に介護のプロ」を目指せる人です

 

素直な心・心から笑える人・柔軟な発想・そして遊び心を持っている人

そして何よりも一番大事なことは 介護の仕事を通じて5年後・10年後の自分を思い描ける人です

ふるさとは介護の仕事を「自信を持って一生続けられる仕事」だと考えています

 

求められる 人物像

「ふるさと」では 法人内独自の勉強会・委員会活動を通じて

担当部署の枠を越えた情報交換・技術交流を行っています

また 必要だと思われる研修・視察には日本全国どこにでも出かけていただきます

 

キャリア サポート
人事考課 キャリアパス

仕事を通じて身につけていただいた知識・技術を適正に評価するため

人事考課制度を採用しています

また在籍年数や職務暦に応じて昇格基準を設け キャリアアップを図っています

 

ふるさとでは 職員を大切にするシステムが

出来上がっています

例えば 上記 キャリアサポート・キャリアパスのほか

神戸市内で唯一 開設当初から毎日

職員送迎用のシャトルをJR垂水駅まで

運行しています

行き帰りの負担を減らすだけでなく

より素敵な笑顔が生まれるための大切な

サポートだと信じています

人を 大切にする

大きな希望を胸に 2018年度が始まりました

本年度 絆福祉会では 5名の介護職員と1名の事務職員を新卒採用いたしました

そしてフィリピンから3名の外国人看護師・介護福祉士候補も受け入れています

「ふるさと」の自慢は職員同士が本当に仲がいいということです

きっと 今年 数ある介護施設の中から「ふるさと」を選んでくれた6名の新規入職者も

すぐに溶け込み ふるさとの「新しい笑顔」になってくれると思います

2018年度 採用実績

どうして 職員たちが仲良くできるのか?

どうして毎年 多くの新規職者を採用できるのか?

その答えは 一度見学に来ていただければすぐにわかっていただけるはずです

「ふるさと」は利用者さま 入居者さま 家族さまはもちろん

介護の仕事を目指しているみなさんにも選ばれる施設を目指しています

Copyright (C) 社会福祉法人 絆福祉会 All Rights Reserved